Home > Archives > 2011-10

2011-10

日常靴飯

Image0001_12.JPG

宇都宮です。

10月末納品分も仕上がってほっこりするのも束の間、
明日から11月ということで早くも気が急いてきました。
そんな私に癒しのカマキリ。

今年は工房に頻発してます。
頭ぽりぽりしてますね〜。かわいいです。

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_12.JPG

「中敷きの焼き印」

水谷です。

吉靴房では靴の中敷きの焼き印は、
コンセプトデザイン(御沓、タビッポン、現代わらじサボなど)は家紋印。

プロダクトデザイン(外羽根、内羽根、パンプスなど)は吉靴房の屋号印と商品によって分けています。

日常靴飯

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_11.JPG

「平安神宮」

水谷です。

平安神宮神苑を拝観してきました。

神苑は、春は桜、夏は杜若、花菖蒲、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の趣きを見ることの出来る日本庭園です。

桜の木やまだ緑色の紅葉を見て、桜の時期や紅葉の季節を思い浮かべながらゆっくりと散策し、心穏やかになれる素敵な庭園でした。

また季節が盛りのときに訪れたいです。

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_10.JPG

「替わり把手」

水谷です。

替わり把手の丸いヌメ革のパーツに強度を持たせ毛羽立ちを抑える為に硬化剤を塗って乾かしているところです。

何気ないところや見えない部分にも良い物にするための工夫が施してあります。

スタッフ水谷の抜け出せ粗忽者 5

「虫が怖い」

水谷です。

僕は虫が苦手です。

歳を重ねる度に異様で気味悪く思え、苦手になってきています。

とくに嫌なのはトンボ。

あの急激に角度を変えて飛行する様は僕の目では追えず、近くを飛ばれると驚いて身体ごとのけ反ってしまうほど。

あまりにのけ反りすぎて道路で遭遇したときは車に轢かれそうになったことも!

驚いた弾みで交通事故に遭うまえになんとかせねばと今はなんとかその場に踏みとどまる努力を実行中。

まぁ、最近はさらに過剰になってきていて、じっとしているカマキリが視界に入っただけでのけ反ってしまうんですけどね。

瞬間接写

Image0002_3.JPG

宇都宮です。

今月分の製甲が始まりました。
毎月つくっているとなんのへんてつもない途中経過に過ぎないですが、
知らない人がみたら不思議な状態なんでしょうね。

『御沓のヒラキ』

これがあの御沓になります!

またぼちぼち他のデザインものせていきますね。

味録

111005_1953~01.jpg

『麺や寵児』

池袋はラーメンの激戦区。僕が大学生の頃から言われ続けています。

せっかく池袋にいるので、池袋駅西口近くのつけ麺と油そばがメインの寵児に入りました。

京都ではあまり見ない油そばを注文。かなりのボリュームでしたが美味しくいただきました。

吉靴房 つくりて野島

日常靴飯

111005_1653~01.jpg

『ISF』

インターナショナルシューズフェアに来ています。池袋サンシャインに隣接する文化会館の2、3階で行われている展示会です。

今後更に吉靴房の履き物がパワーアップする材料などとのご縁を求めて。

到着したらちょうどファッションショー(メインはモチロン靴)をしてました。

革下駄で来場したらいわば同業者である出展者さん達に質問されまくり、なんだか悪い気はしないけど解説に追われました。

今後に繋がる発見がありますように。

吉靴房 つくりて野島

Home > Archives > 2011-10

Search
Links

Return to page top