Home > Archives > 2014-07

2014-07

日常靴飯

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_97.JPG

「大原へ」

水谷です。

先月、貴船神社まで自転車で行って撃沈しましたが、今月は大原まで自転車で行ってきました。

大原までのルートを調べていたら、京都ゴミ処理場→静原→江文峠→大原というコースを紹介しているブログを見て、(峠って面白そうだな。)と軽い気持ちでこのコースに決めました。

そして走行当日。走り始めたのは午前11:30ごろ。天気も良く陽射しもジリジリ照りつけてます。
峠に到着したのは12:00を過ぎてました。iPhoneのサイクルコンピュータを見ると気温35度!かなりの坂道でしたので休みながらなんとか頂上までたどり着き、待ち兼ねた下りへ。

これが凄まじいつづら折り!あまりに恐ろしかったので、ゆっくりと下ってきました。落車しなくて良かった。

そして、なんとか目的の大原へ到着。またもや、ふらふらになりながら記念撮影。

本当は三千院にも寄ろうかと思っていたのですが、iPhoneのサイクルコンピュータのバッテリーと僕の体力が尽きそうでしたので、帰路へと向かうのを選択しました。
疲労困憊でしたが、峠の並木道や大原ののどかな田園風景を見ながら走行するのはとても気持ちが良かったです。

今回の計測もiPhoneによるものです。
走行距離 28,4km
最大速度 49,4km
気温 35度
平均速度 13,7km

日常靴飯

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_96.JPG

「鳥羽水族館へ」

水谷です。

三重県にある鳥羽水族館に行ってきました。
ここは飼育種類数は日本一だそうで、約1200種30000点もの動物たちと出会えます。 意外だったのはカピバラやフラミンゴにも出会えたこと。まさか水族館で会えるとは思っていませんでした。

入館して間もなく雨が降り始めましたが、全天候型水族館のため、アシカやセイウチのショーもちゃんとやってました。

一日いても楽しめるくらい広いという話でしたのでその覚悟で入館したのが午前10:00ごろでしたが、館内では9:40のラッコのお食事タイムから始まり30分〜1時間ごとに、ショーや生き物たちのお食事タイムがあり、本当に飽きさせない水族館だと感じました。館内で食事もできて、少し休憩してまた見る。
ジュゴン、マナティ、スナメリは初めて間近で見れてとても嬉しかったです!

お土産売り場も物色して退館したのは午後4:00。六時間程しっかり観てきました。

遠方から来て、雨天のためイベント中止などということにならなくて本当に良かったです。素晴らしい水族館でした。

鳥羽水族館
〒517-8517
三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

日常靴飯

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_95.JPG

「お直し」

水谷です。

革下駄の修理の依頼です。
内容は鼻緒の新調、底回りの貼り替え(オールソール)、及び鼻緒の調整です。

かなり履き込んで頂いているのでヌメ革も素敵なアメ色になっています。

京都はまだ梅雨明けしていませんが、これから革下駄が気持ち良い季節になりますのでまたガンガン履いて頂きたいです!

オールソール ¥ 11.000(税抜き)

オールソール交換のときのみ鼻緒調整可。
鼻緒調整¥3.000〜

日常靴飯

image_36.jpeg

宇都宮です。

仕事がバタついて昼食が遅くなってしまったので
せっかくだからと休憩がてら、逃現郷へ行ってきました。

注文したカレーを待っている間気になるこれで遊んでみたんですけど
全然面が合いません!

ルービックキューブってやり方あるんでしょうね。。。

3×3のしか存在を知らなかったですけどこんなにあるんですね。
2×2も無理でしたが。。。

けど何となく頭も使って久々楽しめました。
子供の頃シールはがして無理やり色合わせしたのを思い出すなぁ。。。

日常靴飯

image_35.jpeg

宇都宮です。

梅雨といっても雨が少ないような気がする今日この頃。
日々変わらず履き物製作頑張っております。

変わらない日常の一つが靴教室でもあるんですけど
毎週生徒さんの色々な話を聞いたりするのは
あまり出かけない自分としては刺激になって助かります。

そんな教室で生徒さんにこんなのいただきました。

「たねやの蓮子餅」

ゴム風船みたいなのに入っていて、針でプチっと刺すと
わらび餅みたいな感触のがぷるんと出てくるんです。
おもしろいですね。
セットでついていたきな粉をつけまくっていただきましたよ〜。

冷たくてぷるぷるでおいしかったです。
ごちそうさまでした!

Home > Archives > 2014-07

Search
Links

Return to page top