Home > Archives > 2017-06

2017-06

一難去って「も」また一難

ごっつええ感じのキャシー塚本というキャラご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

 

 

 

 

さて今回の話はたった今みずたにくん本人から聞いた話です。

 

 

普段から奇行や寝落ちが当たり前のみずたにくんですが、だいたいパターンとしては食前にアルコール→食事中寝落ち

がデフォになるのですが、昨日はどうも食事準備中に意識が飛んだようです。

 

 

 

 

 

ここからは本人から聞いた話をわかりやすく編集して書き記します。。。。

 

 

 

 

 

ちょっと帰るのが遅くなったから、呑みながらパスタ茹でたり大豆の水煮の用意をしていたんですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

はっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と気づいた瞬間

 

 

 

 

 

 

ベッドに向かって白いお皿を放り投げていた・・・・

皿が手から離れた瞬間に目が覚めたんです・・・・

 

 

 

 

 

作っていたパスタや大豆はどういうわけか鍋には全く残っておらず、食べた記憶は全くなし、ひとまずトイレに入ったら便器にパスタ一本がピローって引っかかっている状態。

 

 

 

 

 

 

まさかっ!!!!!

そう。食べようと思って茹でてたパスタや大豆は全て食べずにトイレに流してしまったのです!!

 

 

 

 

 

 

酒を呑みながら、パスタを茹でてる最中に
意識が飛んで、キャシー塚本が憑依して、
トイレにパスタどーーーーーーん!
大豆どーーーーーーーーーーーん!

ついでにお皿をベッドにどーーーーーーーーーーん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の瞬間に目覚めた。
というお話でした。

まじで意味わかんねーーーーしっ!!!!

日常靴飯

「三ツ折りさいふ  使用一ヶ月目」

水谷です。

京都は汗ばむくらいの日が多くなってきました。

三つ折り財布を使い始めて一ヶ月程。

毎日使うのでようやく僕でも手に馴染んできた感があります。
時間の経過と共にヌメ革部分が徐々に艶が出てきて、色が濃くなってきていい感じです!!

どんどん自分だけの物になっていく感じがして、小銭出したりするのも楽しい時期です。

見た目はコンパクトですが使い始めると思っていたよりも容量がある事に気付きました。
カード類は二つあるカード入れに3~4枚づつは平気で入れられますし、札入れはしきりがあるので使い勝手もいいですね。

僕はレシートと札で分けてます。

レシート多いな…汗
まだまだこれから経年変化でヌメ革部分にもっと味が出てくるのが楽しみです!
んー早くも愛着湧いてきたー^ ^

一難去って「も」また一難

生徒さんの中敷に抜擢されたみずたにくんです。

 

 

さて、早速エピソードを1つ

 

 

もう1人のスタッフ宇都宮は鳥が大好きで、きくちゃんという可愛いマメルリハを飼っています。

 

もう5年ほど前になりますが、きくちゃんを迎え入れた頃、まだ生まれて数週間という頃吉靴房でしばらくの間面倒をみていました。

まだ飛ぶこともできず、柔らかなご飯しか食べれなかったのですが、初フライトの頃までいたので、みんなで遊んだりしてました。

つくりて野島は手乗りインコを実家で飼っていたので、鳥さんには慣れてましたが、みずたにくんは鳥といったら食べるものとしかイメージできなかったようで、こんなに可愛いんだよと触れ合う機会を作ってみたらいきなり

 

 

 

 

 

 

 

「ガブッ!!!」

 

 

不意をつかれたみずたにくん

 

「お、落ち着いてっ!!!」

と、初めてきくちゃんに話しかけたセリフがこれでしたw

 

 

 

 

先日のこと、野島の親友が神戸にお店を開いたので3人で見に行き、帰りに宇都宮の家は大阪の高槻なので久しぶりにきくちゃんに会わせてもらうことになりました。

 

すっかり大人になり美人になったきくちゃん。

大きな声で鳴いたり、飛んで歓迎してくれたのですが、飛ぶ生き物にめっぽう弱いみずたにくんはすでに腰が引けてる状態。

 

 

そんなにビビらないでも大丈夫だよと促され、手乗りらしく指に乗せてもらったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ガブッ!!!」

 

 

 

 

数年の時を経て再び不意を突かれるみずたにくん。

 

 

 

 

 

その時口から飛び出したセリフは、

 

 

 

 

 

「や、優しくして〜❤️」

 

 

 

野島と宇都宮はあまりの出来事に驚愕。

結果、きくちゃんとの触れ合いでみずたにくんは

「お、おちついて!!!」と

「や、やさしくして❤️」

しか声かけしておりません笑

 

次回の邂逅が楽しみです!

一難去って「も」また一難

 

吉靴房にはある名物スタッフがいます。

教室に通ってくださる生徒さんには大変暖かな目で見守っていただいてますが、とにかくエピソードに事欠かない男?です。

 

 

ブログ新カテゴリー『一難去って「も」また一難』として、このスタッフのエピソードを綴って行こうと思います。

 

 

初回はこのスタッフの基本スペック紹介です。

 

●みずたにくん

このエピソードを生み出す主人公。眉間のシワとほうれい線が目印

●自称1978年生まれ

●身長175㎝くらい体重63kgくらい

●埼玉県出身

●ミスチルとジブリ大好き過ぎ

●フリーザ様と渋川先生(バキシリーズキャラ)だけ本人の中で別格

●ドラゴンボール、バキシリーズ、ジョジョネタは仕事より記憶力がいい

●小学生が好きそうな言葉に異常に反応する

●トンボなど飛び回る生物に腰が抜けるほど恐怖する

●つくりて野島の以前勤めていた会社の後輩だった

●どういうわけか自身をハイスペックだと思っている

●スペックと聞くと無呼吸連打を思い出す(バキシリーズ参照)

 

 

書き始めたら紹介だけで1日終わりそうなので、今回はこのくらいにしようと思います。

非常に似顔絵が描きやすい顔をしているので、似顔絵を挿入しつついろんなエピソードを綴っていく予定です。

 

いろんなタイプの人間がいろんな作業を分担してるんだなぁと、少しでも吉靴房を近くに感じて頂ければこの上なく嬉しいです。

 

 

真面目でおとぼけなみずたにくんをどうぞよろしくお願いします!

瞬間接写

宇都宮です。

 

5月が終わって、また月始め。

「おわったー!」の気分やから今一つ

やる気がでません。。。

なので作業が進んでいくと面倒に感じる

パーツ作りをやってみました。

Home > Archives > 2017-06

Search
Links

Return to page top