Home > つくりて日記 > 日常靴飯「みんぱく」へ

日常靴飯「みんぱく」へ

水谷です。

3月の下旬に「大阪万博記念公園」に行ってきました。

目当ては「国立民族学博物館」略して「みんぱく」へ行くこと。

初の万博記念公園に着くと広大な敷地に唖然とし、

眼前の「太陽の塔」がデカすぎる事に呆然としました。

想像してたよりもはるかにデカかったです。

敷地内は甲子園球場約65個分の広さらしく、うまく想像出来ませんがとにかくめちゃくちゃ広いという事だけ分かりました。

公園内では近所の方なのかジョギングしたり、集まって体操したり、宴会してるグループもありで自由度高いです。

 

そして「国立民族学博物館」へ。


地域展示、通文化展示としてアジアの国々の展示をしています。

服装や文化やもちろん靴もあって面白かったです。

他にも「ビデオ」「図書室」「ミュージアムショップ」「レストラン」とてんこ盛りで一日中居ても飽きないくらい充実してます。

昼過ぎに入館しましたが、がっつり5時の閉館までいました。それでもまだ観てないところがあるくらいの量でした。

公園内に日本庭園もあり行きたかったのですが断念する事になり帰路へ。何度か訪れたい場所がひとつ増えました。
今回大阪行きはいい天気に恵まれたので「革下駄」が大活躍しました。

僕が普段から履いてるのは革下駄襷留めです。
気温も上がって足下の解放感が気持ち良かったです。これから夏に向けて更によく活躍してくれるアイテムなのでおすすめです!

Search
Links

Return to page top