Home > つくりて日記 > 日常靴飯「奈良での正月とおみくじ」

日常靴飯「奈良での正月とおみくじ」

水谷です。

だいぶ過ぎてしまいましたがお正月の出来事です。

 

毎年、元日か二日に相方の実家へ挨拶に行きます。
実家は奈良県なので春日大社へ参ったり、長谷寺へ赴いてみたりとさせてもらってます。

今年は家でまったりかなと思っていましたが、先ずは借りている畑のお手伝いからのスタートです!枯れ草を掻き集めて焚き火でどんどん燃やしていきます。

 

畑は緩やかな斜面にありテニスコートくらいの広さ。その周りをトタンで囲っています。

猪の被害が続いたので畑を返却する事になったので、囲っているトタンを全て外し固定していた杭も抜き、枯れ草を掻き集める、そしてどんどん燃やす。これを分担して行いました。

一月初めですがそこまで寒い日ではなく、手押し車を使い掻き集めた枯れ草を運んで行き来するうちに身体はぽかぽかでむしろ汗ばんでました。

作業も捗っていい汗かいたら一度家に戻り、お酒とお節料理で新年のお祝いをして箱根マラソンを観ます。

お節料理にきな粉があるのは奈良県の風習のようで白味噌のお雑煮から餅を取り出してきな粉につけて食べます。毎年少し不思議な感じがしますが意外にいけます!

 

その後お酒で少しいい気分のままご近所の氏神様の所へお参りに行きました。

 

晩ご飯もご馳走になり冷酒もたくさん呑んで酔っ払って帰ってきました〜。

楽しいひとときでした!

 

今回の奈良遠征には「単皮」を履いて出発したのですが、

僕は足が汗っかきなので、いつも出掛ける時は履き替えるための革下駄を鞄に入れて持ち歩いてますが、今回も帰宅する時には「革下駄」に履き替えての帰宅となりました。


持っていって良かった!

やっぱり僕に革下駄は必須アイテムです!

 

 

 

そして、その翌日は吉靴房全員で氏神様である今宮神社へ今年の祈願へ行きました。

その後、各々おみくじを引くのですが、僕の引いたのがこれです…(汗)


これで小吉って…

「何事も人のちからおよぶまし神の御意(みこころ)を知るべし」

 

僕が粗忽過ぎるので、
ついに神様からもダメ出しがきました!今は工房で目の届くところに置かせて貰って戒めにしています。

 

今年一年精進致します!
本年もどうぞよろしくお願いします。

Search
Links

Return to page top