Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

「革下駄ノーマル→飛脚型」

水谷です。

革下駄の修理で多いのは踵部(ヒール)が磨り減っての交換とオールソール(底回り全体の交換)です。

オールソールする時には鼻緒の伸びを調整し、必要があれば補強したりしてから行ないます。

鼻緒の伸びや、稀に切れたりなどの症状が出る時期と、底材が磨り減り交換に至る時期が近い事から、
鼻緒調整や修理を希望される方には、物を確認の後、オールソールを一緒におすすめする事が多いです。
意外と少ないのは、標準タイプから飛脚型や襷留め型へ変更を希望される方。もちろん可能です。
今回は標準タイプから飛脚型への変更のお客様。

かなり印象も変わりこれからまたがんがん履いて頂ければと思います。


オールソールを考えている方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

但し、飛脚型や襷留め型からノーマルに戻すのは、本体に穴が空いた状態になってしまいますので、こちらはおすすめしていません。

Search
Links

Return to page top