Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_87.JPG

「革下駄製作風景 5」

水谷です。

革下駄の本底を切り出します。

吉靴房で使用している底材はクレープ底と革底が5ミリ、ビブラム底は6~7ミリの厚みになり、革下駄と限られたデザインは10ミリのEVA(ウレタン材)を使います。

な〜んだ1cmかと思うかも知れませんがこの厚みが中々の強者です。
裁断した断面が真っ直ぐになるように革包丁の刃の角度を調整しながら切り進めていきます。

続きます!

Search
Links

Return to page top