Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_52.JPG

「革下駄の手縫い準備」

水谷です。

革下駄は本体(足の乗るヌメ革部分)と、本底(地面に接する底)とを掬い(すくい)縫いという靴屋特有の技法を用いて縫い合わせています。

写真は掬い縫いをするための縫い穴を掬い針という曲った針であけているところです。掬い縫いは、靴本体とウェルト(コバ)を縫い合わせるための技法ですが、製品になると分からない場合が多いのです。
素晴らしい技術なので、この掬い縫いを、もっと知って頂くために、お見せする形に出来ないかと考えた結果、吉靴房では、革下駄の本体と本底を縫い合わせるのに採用しています。

革下駄に掬い縫いを施すことで、縫い目が側面に出るので、簡単には縫い糸が切れないようになっています。
側面に出る縫い目の独特な風合いも楽しんで頂けたらと思います。

Search
Links

Return to page top