Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_92.JPG

「革下駄製作風景 7」

水谷です。

本体と本底を貼り合わせたら手縫いをするための穴を開けていきます。

掬い針という角度のついたものを使い本体から本底の側面に穴をあけます。
本底の底面ではなく側面に縫い糸が出ることで糸が切れにくくなっています。

この変わった穴の開け方は靴のハンドソーンウェルト製法などに使用される「掬い縫い」という技術を使っています。
本来は中底とアッパーとウェルトを底面から縫い合わせるのに使用されるので完成した靴を見ても分からない場所を縫っています。

続きます!

Search
Links

Return to page top