Home > つくりて日記 > 日常靴飯

日常靴飯

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_34.JPG

「漉き落とし」

水谷です。

吉靴房では、着色加工などをしていない素の状態で仕上げたヌメ革をよく使用します。

7ミリ程の物を5ミリ程の厚さに漉いてもらい、その余りが漉き落としです。

漉き落としは、靴のつま先やかかと部分の芯材や、紐靴の紐穴部分の伸び止め、厚みのあるものはミッドソール(本体と本底の間の部分)などに使用しています。

余す事なく素材を使い、結果良いものが生み出す。
ものづくりの意義であり、醍醐味だと思います。

Search
Links

Return to page top