Home > つくりて日記 > 彦根

彦根

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

水谷です。

休日を利用して彦根城に行って来ました。

彦根駅から出ると早速彦根城のマスコット彦にゃんが町のいたるところに見ることができ、ゆるキャラの容姿に癒やされました。

彦根の藩主といえば井伊家。近江国(滋賀県)東部から北部にかけての地域を治めていた大名です。
藩主以下家臣にいたるまで、甲冑や旗指物を朱漆塗りで統一した「井伊家の赤備え(あかぞなえ)」は有名です。

彦根城博物館で赤備えをみましたが格好良くて派手。さすが徳川家康の天下統一を軍事で支えた武門の家柄。当時はこの赤が現代に生きる僕よりも数倍鮮やかに感じたのだろうと思いました。

彦根城の天守閣では、海のように広い琵琶湖の対岸にうっすらと比叡山を眺めて、井伊家の人と似た景色をみているかも知れないと思いを巡らせていました。

余談ですが、彦にゃんは二代目藩主井伊直孝がお寺の門前で招き猫に導かれて雷雨から逃れたというエピソードと井伊家の赤備えとを合体させたのだそうです。巷では「モチ」という愛称もあるそうです。

京都に住み、休日には寺社を回り、仕事場は町家という歴史や伝統を身近に感じる環境にあることをとても幸せなことだと感じます。

Search
Links

Return to page top