Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

image_15.jpeg

宇都宮です。

靴をつくり始めた頃に不思議に思ったことを思い出しました。
靴のミシン掛けって表からなんですよね。
洋服とかって裏から掛けてひっくり返すが基本だったから
新鮮でした。

けど今は裏からの方が不自然に感じます。

靴のミシン掛けは裏革を5ミリほど大きめに出しておいて
後から“市切り”という道具で切ります。
靴屋さんではその作業を、さらう、っていいます。

布だとほつれを気にしたりいろいろ処理が大変ですけど
革はそういうのがなくていいですよ。
扱いやすい素材です。

写真は市切りでさらっているところです。

Search
Links

Return to page top