Home > つくりて日記 > 瞬間接写

瞬間接写

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_18.JPG

「中底くせ付け」

水谷です。

中底(中敷きとミッドソール、もしくは本底の間に位置する底材)は吉靴房では5ミリ程の厚みのヌメ革を使用しています。

これを水に浸してから木型に添わせていきます。つま先、踏まず部分、踵に最低限の釘を打ち固定し、その後木型に靴下を履かせて足首に当たるあたりで捻じり上げて縛り、中底が木型に添うように密着させます。

釘をたくさん打ち固定するやり方もあるのですが、木型へのダメージを軽減させるためにこの方法で行っています。

Search
Links

Return to page top